当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

また、NEVERまとめ等のまとめサイトへの引用を厳禁いたします。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site,

text and images are strictly prohibited. © 2021 by Authentic Golden

Litters 

breeding information 

現在 お知らせはありません

breeding policy 

ゴールデン・レトリーバーは家庭犬ありきです。優秀なショードッグは優秀な家庭犬でもあります。優秀な訓練犬は優秀な家庭犬なのです。

気質・骨格構成などスタンダードを追及しています。

そのため、2歳以降に遺伝的疾患を検査しています。

検査項目は、ゴールデン・レトリーバーに多いとされる各項目で、

GRCA(Golden Retriever club of America) の提案項目を指標参考にしています。

股関節・肘関節・膝・心臓・眼(毎年)・DNA各項目

それらはOFA(Orthopedic Foundation for Animals)へ申請し検査を受けます。

残念ながら日本では股関節と肘関節の検査を提出しているブリーダーはいても、心臓と眼の検査を受けているブリーダーは少なく、OFAへ提出しているブリーダーとなると、ほぼいません。

私たちは、20年以上前から眼の検査を受け続けています。しかし、OFAへ眼の申請をしたくてもアメリカ獣医眼科専門医(Companion Animal Eye Registry ※CAER – 以前はCERFの名称でした) の診断書でなければ一切受け付けないルールがあり、当時は日本にアメリカ獣医眼科専門医が一人もおらず、提出できなかったのです。それでもなおOFAで決められている項目よりも詳細な検査を受けていました。2014年アメリカ獣医眼科専門医が日本で開業されたことにより、ようやくOFAへ登録できるようになりました。

​心臓の検査は心臓専門病院で検査を受けています。

OFAでは股関節・肘関節・心臓・眼のクリアランスが与えられると、当時にCHIC(Canine Health Information Center)の番号が与えられます。CHICは犬種ごとに推奨スクリーニングがあります。

アメリカのStudと交配を交渉するときに、まず、CHICのナンバーを持っているかどうかを尋ねられます。正しいブリーダーはCHICのナンバーを持っていないメス犬の交配は原則受けてくれません。私たちもアメリカのブリーダーを見習い、同等のクリアランスを持った犬同士のブリーディングを心がけて実行しています。

そんな地道な努力が実って、アメリカの優秀なゴールデン達とブリーディングができ、友人も増え、信用も得られるようになってきました。

​その信用を裏切ることのないように、これからも誠実に真面目にブリーディングを続けていきたいと考えています。

GRCA |  

ゴールデンレトリバー クラブ オブ アメリカは、アメリカンケンネルクラブ(AKC)の最大級のナショナルブリードクラブの1つです。アメリカ国内だけでなく世界各国のファンシャーがゴールデンの健康や発展を共通目標に集うクラブです。

OFA    |   

遺伝病の発生率を減らすことにより、コンパニオンアニマルの健康と幸福を向上さる目的で作られた動物用整形外科財団です。

CHIC PROGRAM |   

品種固有の健康スクリーニングすることで情報を調査および維持し、信頼できる情報を提供する、OFAが作った犬の健康情報センターです。

 譲渡について 

私たちの考えやポリシーを理解してくださり、

いくつか提示する事柄を承諾していただける方へお譲りします。

繁殖目的の方にはお譲りしておりません。

譲渡前には面接を行います。その結果、お断りする場合があります。

『いくつか提示する事柄』はご連絡をいただいた後にご提示させていただきます。

それらはアンケート方式です。回答が必要です。

誓約書を交わしていただきます。違反があった場合には厳正に対処いたします。

 

​予約金はいただきません。

私たちはお譲りした後も、生涯に亘ってお力添えをいたします。